ワンコが元気で長生きしてくれるようにイイモノを探して紹介します!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【闘病サポート】脳幹活性ペンダントイフでGMEの再発防止
2013年10月29日 (火) | 編集 |
姫が2年前に突然、肉芽腫性髄膜脳炎(GME)が発症した時のことです。

発症した日、仕事から帰ってきたら姫の様子がおかしくて。
声かけたり抱っこしたり色々試したところ、両目が見えていないことがわかりました。
パニック状態ですが、そこから夜間でも受け入れてくれる救急病院に行き、おそらく脳に問題があるのではないか、と先生に言われたのです。
その時点ではまだMRIを撮っていなかったので、肉芽腫性髄膜脳炎(GME)という診断は出ていませんでしたが。

そして姫はそのまま動物病院に入院。
泣きながら帰りながら、何か出来ることはないのか考えていました。

ネットで調べたり、信頼できる人に相談したり。
その中で、最も信頼している方から「こんなのがあるけど、どうかな?」と紹介してもらったのが、
脳幹活性ペンダント イフです。





正直なところ、脳幹活性ペンダントなんて胡散臭いと思いました(^^;
私、こういうの全く信じないタイプだったので。

でも、その時は姫のために何か少しでも良さそうな物は全て試したかったし、よくわからないけど効果あればラッキーだよ!!って思って買っちゃいました。
そもそも肉芽腫性髄膜脳炎の原因もよくわからないんだし、よくわからないことで良い効果が出ることがあってもいいんじゃないかって思ったから。
イフの口コミも見まくって、たくさんの病気の犬猫が元気になってるらしいし、姫と同じように脳の疾患や自己免疫疾患のワンコもイフを身につけて元気にしているっていうのがあったのも心強く思ったし。
そして、動物病院の先生にお願いして、入院している姫のケージに脳幹活性ペンダント・イフを付けさせてもらったのです。

それから約2年ですが、姫にはずっとペンダントを付けさせてます。
迷子札と一緒に、小さくて可愛いのでアクセサリー感覚で。
そして、薬はまだ飲み続けていますが、病院の先生も驚くほどに元気に過ごしています。

これが脳幹活性ペンダント・イフの効果なのか??と聞かれると、それはわかりません(^^;
他にも良かれと思うことを実践してるし、もちろん薬による治療効果も大きいと思うし。
でも、お守りのような気がして、これからもずっと姫の健康を守って欲しいし、守ってくれると信じているので、イフを付けて良かったなと思います。
もうGMEが再発しないように、今後も効果が続くことを期待してます。

ちなみに、付けている本人だけでなく、周囲にいる人にも良い効果があるそうなので、王子の健康も守ってくれるといいなぁ。





★ランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。★


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。