ワンコが元気で長生きしてくれるようにイイモノを探して紹介します!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ごはん】フィッシュオイルでオメガ3を摂取
2013年10月23日 (水) | 編集 |
必須脂肪酸のオメガ3は、体内で作ることができず、食べ物を通して摂らなければならない栄養素です。

オメガ3脂肪酸は、
・皮膚や被毛の健康
・アレルギーやアトピーの症状の緩和
・ガン(腫瘍)や心臓と血管の病気の予防効果
が期待できるので、是非とも摂取しておきたい栄養素です。

オメガ3が摂取できる食品としてオススメは魚油(フィッシュオイル)、麻の実油(ヘンプオイル)です。

★魚油(フィッシュオイル)がオススメな理由
オメガ3は、体内でαリノレン酸→EPA→DHAと変換されていくのですが、変換するのにエネルギーを必要とします。
オメガ3を摂取できるオイルとして有名なエゴマ油やしそ油は、αリノレン酸が豊富です。
一方、魚油(フィッシュオイル)は、EPAとDHAが豊富なので、変換にかかる体内のエネルギーが少なくて済みます。

★麻の実油(ヘンプオイル)がオススメな理由
麻の実油(ヘンプオイル)は、オメガ6:オメガ3の割合が3:1で、WHOや厚生労働省が推奨するベストな割合4:1に一番近いです。
また、アンチエイジングの脂肪酸といわれる「ガンマ-リノレン酸(GLA)」も含まれています。

この、魚油や麻の実油は非常に酸化されやすい欠点があります。
なので、原則として「非加熱」で摂取する必要があります。加熱すると酸化されてしまうのです。
出来上がったご飯(冷ましたもの)に、最後にオイルをちょっとかけてあげる、これで完了です。

フィッシュオイルやヘンプオイル商品を探すとたくさん出てきますが、選ぶポイントは製品が安心安全なものであることはもちろんのこと、
・遮光されていること
・少量ずつ使えること
であると、さらに酸化を防止することが出来ます。

1回ずつの個別カプセルに入っているものは、酸化防止に効果的。
アズミラ メガオメガ3(純粋なフィッシュオイル) 50カプセル
by カエレバ


または、少量ボトルを2週間程度で使い切るのもいいと思います。
ナチュラルハーベスト サーモンオイル
by カエレバ


適量の良質オイルで健康な毎日!(*゚▽゚*)

★ランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。★


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。