ワンコが元気で長生きしてくれるようにイイモノを探して紹介します!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【闘病サポート】H4Oで腎臓肝臓ケア
2013年09月30日 (月) | 編集 |
ステロイドを投薬されると、特に肝臓にダメージが出やすいです。
姫の場合も、肉芽腫性髄膜脳炎(GME)を発症後の1週間に大量にステロイドを投与したため、肝臓の数値と言われるγーGTPなどの数値が一気に跳ね上がりました。

大量のステロイドを短期集中で投与したおかげで、脳炎の症状は一旦沈静化し、その後は錠剤のプレドニゾロン(ステロイド)、免疫抑制剤のシクロスポリン(アトピカ)、抗菌剤のバイトリルを毎朝飲むことになりました。
発症後から約2年たった今も、当時より少し量は減っていますが、まだ投薬は続いています。




一気に跳ね上がってしまった肝臓の数値を、正常な値に戻したい!
肝臓と腎臓のケアには何が良いか、考えました。

肝臓のケアについては、また後日書くとして・・・

腎臓ケアにオススメなのは、「H4O(エイチフォーオー)」という水素水です。
水素水H4O PET 100ml×30本入り
by カエレバ


慢性腎不全で余命1ケ月と宣告された猫ちゃんが、H4Oで奇跡的に回復したというドキュメンタリーが数年前にフジテレビで放映されてから、腎不全の猫の治療法として有名になりました。
H4Oは、不純物を取り除いた水に水素を溶かした水で、アルミパウチに使い切り分だけ入っています。このアルミパウチで紫外線と空気の侵入を防止して水素含有量をキープするためだそうです。
「H4O 猫」「H4O 腎不全」などで検索すると、いろんな体験記が出てくると思います。
もちろん猫にだけ効果があるわけではなく、犬にも人間にも同じように効果あります。

姫の場合、朝起きて一番最初に「手作り酵素」を飲ませていて、それについてもまた後日書こうと思いますが、その手作り酵素を薄める水としてH4Oを使っていました。
朝一番に体に良いものを取り入れて、その日を元気に過ごしてもらいたい気持ちからです。
その他日中に飲む水は日田天領水にして、どんどん水素を体内に取り込んでいこう作戦です。

この水素水ダブル攻撃のおかげか否か、肝臓の数値γーGTPは徐々に正常値に近づき、数週間後には正常値になり、その後ずっと正常値をキープし続けました。
ステロイドの量が減った現在は、もうH4Oのお世話にならなくてもいいかなと思い、飲んでいません。ちょっとお値段も高いですので、必要な時だけ短期集中で使いました。
出来ればこのまま使わずに済むと良いと思いますが、万が一腎臓や肝臓にトラブルが発生した場合は、またH4Oを使おうと思っています。

ちなみに、H4Oには「ペット用」「人間用」の2種類があります。
中身は同じです、水素が溶けた水です。
違いは量。「ペット用」は1パックに100ml、「人間用」は1パック230mlです。

我が家は、病気の姫と病気予防の王子のために、ちょっとだけお得な「人間用230ml」を購入して、半量ずつ飲ませてました。
一回で使い切る量で選ぶといいと思います
まとめて買うと、おまけが付いてきたりしてちょっとお得です。

■H4O 230ml(人、大型犬、多頭飼い向け)
H4O -600mv 水素結合水 230ml×30本 + 10本
by カエレバ


■H4O 100ml(小型犬向け)
H4O PET Science Water 100ml×30本
by カエレバ



★ランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。★


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。